So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

<はやぶさ>豪州で「最期見届ける」…ファン共感(毎日新聞)

 【グレンダンボ近郊(オーストラリア南部)永山悦子】小惑星探査機「はやぶさ」の最期を見届けようと、オーストラリアまで足を運んだ人がいる。その活躍を映像作品にしたコンピューターグラフィックス(CG)ディレクターの上坂(こうさか)浩光さん(50)と、制作を企画した大阪市立科学館学芸員の飯山青海(あおみ)さん(38)だ。

 作品は「HAYABUSA BACK TO THE EARTH(はやぶさ地球帰還)」。はやぶさが苦難を乗り越える姿が精細なCGで描かれる。全国の科学館などで上映され、これまでに延べ12万人が鑑賞した。

 飯山さんは、打ち上げ前からはやぶさに注目し「米国の後追いではない素晴らしい計画。映像にして、多くの人に伝えたい」と考えていた。07年、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が企画したはやぶさの映像作品「祈り」を見て「この作者に依頼したい」と決心。上坂さんに連絡を取った。

 上坂さんは「祈り」にかかわったことで、はやぶさとそれを支える研究者の挑戦に魅了された。共同制作の作品は09年4月、大阪市立科学館で初公開。反響を呼び、今月、DVDも発売された。「宇宙への夢を、困難を乗り越えながらはやぶさがかなえる姿に共感してもらえた」と上坂さん。

 2人は、はやぶさが帰還するウーメラ砂漠で13日を迎えた。流星に詳しい飯山さんは着地したカプセル観測班に加わる。上坂さんは流星のように輝きながら夜空を落下するカプセルの撮影に挑む。現在の作品は08年までの旅を描いており、今回撮影する映像を加えて物語は完結する。

 「この3年、はやぶさとともに生きてきた。完結はうれしいが、はやぶさの最期を直接見るのは複雑です」

【関連ニュース
はやぶさ:カプセル切り離し…地球帰還へ 小惑星探査機
はやぶさ:カプセル回収は準備万端
小惑星探査機:はやぶさ帰還、見届けよう…JAXA
小惑星探査機:「はやぶさ」最後の軌道修正に成功
小惑星探査機:「はやぶさ」カプセルは工夫満載

宇宙ヨット 「イカロス」帆を広げる…金星に向かって飛行(毎日新聞)
民主党市議が無免許運転=警察署近くで逮捕―兵庫(時事通信)
<ひき逃げ>成田空港内でデルタ航空社員死亡(毎日新聞)
会期延長に慎重=官房長官(時事通信)
もみじ谷大吊橋でフラワーウエディング 栃木・那須塩原(産経新聞)

<iPad>米国から空箱で到着 被害相次ぐ(毎日新聞)

 4月に米国で販売された米アップル社の新型携帯端末「iPad(アイパッド)」を郵送で購入しようとしたところ、空箱が送られてくる被害が日本国内で複数発生していることが分かった。日本の郵便事業会社は、いずれも米国内でなくなったとみて、米郵政公社(USPS)に調査を求める。

【関連写真特集】アップル新端末「iPad」

 郵便事業会社によると、郵便での購入者から4月12日、「中身がない」との相談が同社東京国際支店に寄せられた。郵便はニューヨーク経由でUSPSのEMS(国際スピード郵便)を使っていた。その後も同様の相談が数件あったが、広報担当者は「いずれも国内で中身が抜かれたのではなく、日本到着前になくなっているようだ」と話している。

 被害者の一人で横浜市の科学作家、竹内薫さん(49)は4月15日、電気製品などをインターネットで販売する米ケンタッキー州の業者に、アイパッドを599ドル(約5万6000円)で注文した。同22日、A4判の大きさのEMSの包装を受け取ったが、持ち上げた瞬間に「軽すぎる」と感じた。開けると発泡スチロール製とみられる白い緩衝材が埋まり、アイパッドどころかアップル社の箱もなかった。郵便事業会社に連絡すると、同様の被害が4件あったと聞かされたという。

 米ケンタッキー州の業者は毎日新聞の電話取材に「(アイパッドは)確かに日本へ郵送した。米国か日本か、いずれかの段階でなくなったのだろうが詳細は分からない」と話した。この業者に竹内さんが問い合わせたところ、業者側が保険を使って新たなアイパッドを別の運送業者経由で再送することになったという。

 アイパッドは液晶画面を指で触って操作するのが特徴で、ページをめくるように読む電子書籍に注目が集まり米国では発売1カ月足らずで100万台以上を売り上げた。日本では今月28日に販売(4万8800円から)されるが予約が殺到し、家電量販店など店舗での予約は締め切られている。【森禎行】

【関連ニュース
【関連写真特集】新端末「iPad」発表 ノートPCとスマートフォンの中間
<関連記事>ファイル:数字・言葉・経済 iPad、先行予約終了
<関連記事>電子雑誌:iPad向けに販売 6月から東京の書店組合
<関連記事>米アップル:iPad販売開始 手に入れようと行列できる
<関連記事>電子雑誌:iPad向けに販売 6月から東京の書店組合

<世帯収支>赤字の家庭が4割に 連合系シンクタンク調査(毎日新聞)
<JR旅客>6社が夏の臨時列車運行計画 本数は抑え気味(毎日新聞)
高齢者向け住まい、比率引き上げを―国交省成長戦略(医療介護CBニュース)
<リウマチ治療薬>投与やめても症状悪化せず…産業医大調査(毎日新聞)
民主山岡氏が請求放棄=新潮社相手の名誉棄損訴訟−東京地裁(時事通信)

「常勤医いない…」テレビで窮状知り、免許ないのに手助け志願(産経新聞)

 医師不足に悩む岩手県宮古市の県立宮古病院で、10日着任する予定だった男女2人が、医師免許を持っていなかったことが判明。県警宮古署は8日夜、自称・大阪市在住の無職、一宮輝美容疑者(44)を医師法違反の疑いで逮捕し、男(38)からも事情を聴いている。一宮容疑者は容疑を認めているという。

 宮古署や病院関係者によると、一宮容疑者は平成20年11月、テレビ番組で循環器医がいない病院の実情を知り、勤務を名乗り出た。「大阪大医学部出身で大阪市内の赤十字病院の救急専門医だ。手助けしたい」とうそをついていたという。

 宮古病院や県医療局によると、面接などを経て2人の採用を決めたが、2人は免許提示を求めても、「職場に置いてある」などと出し渋っていたという。また「もめるから大学に照会するな」「患者とトラブルがあり勤務先は自分の氏名を公表しない」とうそを繰り返し、発覚を逃れていた。

 病院に免許のコピーが届いたのは今月6日。ところが、登録当時の厚生相の公印がなく、医政局長の氏名も別人だった。通報を受けた宮古署は、2人が“着任”のため市内のホテルに投宿した8日、事情聴取を行った。

 菅野千治院長は「詰めが甘かった。住民の高い期待を裏切る結果となり申し訳ない」と話している。

 宮古病院は約3年前から循環器の常勤医がおらず、心臓疾患の救急患者は、約2時間かけて盛岡市に搬送されている。

【関連記事】
外科医がいなくなる? 過酷な勤務状況で若手の外科離れが進行
来たれ研修医…商店会が支度金出します! 兵庫の市立病院
診療報酬 勤務医改善に重点配分を
医師確保のため大学院の学費を助成へ 奈良・吉野町
「医療崩壊の象徴」産婦人科に希望の光
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

iPS細胞の研究棟公開=山中教授「10年後に臨床試験を」−京都大(時事通信)
年に1度「幻の滝」 長野・樽滝(産経新聞)
民家火災、独居72歳?死亡 神戸・垂水(産経新聞)
大江参院議員、幸福実現党入りへ(時事通信)
<築地市場>マグロ競り、見学再開(毎日新聞)

時効廃止 世論の力感じた…被害者遺族ら(毎日新聞)

 改正刑事訴訟法が成立、即日施行された27日、「殺人事件被害者遺族の会」=宙(そら)の会=の8人が記者会見を開いた。遺族らは「(被害者の)無念が晴らせた」と涙を見せながら喜びを語り、「何より世論の力が大きかった」と感謝の言葉を繰り返した。

 96年に次女を殺害された代表幹事の小林賢二さん(63)は、他の遺族が話す間も度々ハンカチ目元を押さえた。「娘にはお父さん頑張っただろと語りかけたい」と語った。【市川明代】

【関連ニュース
時効廃止:改正刑事訴訟法が施行
時効見直し:「逃げ得」もうない 改正刑訴法成立で遺族ら
時効廃止:改正刑事訴訟法が成立 即日施行目指す
時効廃止:改正刑事訴訟法成立へ 未解決事件にも適用
公訴時効見直し:刑事訴訟法改正案が参院通過 衆院へ送付

堀内恒夫氏に参院選への出馬を打診 自民(産経新聞)
<円山動物園>ヒグマ館オープン 雌の「とわ」人気 北海道(毎日新聞)
出頭の母、長男殺害容疑で逮捕=車内に8歳男児−福島(時事通信)
早く治って、ウミガメ悠ちゃん転地療養(読売新聞)
仕分け第2弾 初日は8事業「廃止」(産経新聞)

「小沢君は死んでも辞めない」と渡部恒三氏(読売新聞)

 民主党の渡部恒三・元衆院副議長は21日、名古屋市内で講演し、小沢幹事長の進退について、「私は小沢君に辞めろなどという資格はないし、今の言動を見ていると死んでも辞めない。今のところ、鳩山(首相)・小沢体制で(参院選に)臨むしかない」と語った。

 沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題については「どうしても候補地がない場合は、『沖縄のみなさん、特例法も作りますから』とおわびして許してもらうこともあり得る。適当な地域を見つけられなければ『勘弁して下さい』ということで、内閣が総辞職しなければならないことにはならない」と述べ、県内移設もやむを得ないとする考えを示した。5月末までに決着できなければ首相退陣につながるとした先の発言を軌道修正したものだ。

明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」(産経新聞)
過労死控訴 障害を考慮し労災を認定 名古屋高裁が判決(毎日新聞)
普天間移設 徳之島住民「命がけで反対する」(毎日新聞)
<谷垣総裁>自民再生の「産みの苦しみ」 離党者問題で(毎日新聞)
<民主党>参院選「与党過半数割れ」危機感(毎日新聞)

脱税指南、八木被告「違反の認識なかった」(読売新聞)

 顧客に脱税を指南したとして、所得税法違反や法人税法違反に問われた東京都千代田区のコンサルタント会社「セントラル総合研究所」経営、八木宏之被告(51)(東京都文京区)ら4人の初公判が14日、さいたま地裁(井口修裁判長)であった。

 同社元役員や顧客らは起訴事実を認めたが、八木被告は「違反の認識はなかった」と否認した。

 八木被告は、ベストセラーとなった「借りたカネは返すな!」シリーズの著者。起訴状では、八木被告らは、ゴルフ練習場を経営していた千葉県習志野市の男(72)に2007年分の所得税約3400万円を免れさせたほか、神戸市の不動産会社にも08年2月期の法人税約3150万円を脱税させた、としている。

 検察側は冒頭陳述で「八木被告が指示した」と指摘したが、八木被告の弁護人は「共謀はなく、脱税になるかも争う」と主張した。

原発建設ラッシュ、66基に=昨年から14基増−産業協会調査(時事通信)
熊本・人吉 まさに幸福、SLや「日本三大車窓」癒やし系の鉄道旅(産経新聞)
タイで死亡の村本さん、熟練者が狙撃か(読売新聞)
医師養成数目標の見直しで合意−民主党第二分科会(医療介護CBニュース)
ケージ侵入の瞬間公開=トキ襲撃のテンか−環境省(時事通信)

直嶋経産相、衆院選マニフェスト修正に含み(産経新聞)

 直嶋正行経済産業相は13日の閣議後会見で、夏の参院選マニフェスト(政権公約)に関して、小沢一郎幹事長が衆院選時のマニフェストから修正すべきではないと発言したことについて、「議論は始まったばかり。財政的な問題もあり、議論の成果として改めることは十分ありうる」と述べ、修正を選択肢として排除すべきではないとの見方を示した。

 参院選のマニフェスト作りをめぐっては、小沢幹事長が衆院選マニフェストの骨格を維持する考えを示しているのに対し、仙谷由人国家戦略担当相は“ばらまき批判”に配慮して消費税率引き上げ明記の検討を表明するなど、与党と政府間で意見が分かれている。

 直嶋経産相は修正に含みを残す一方で、「去年の夏の(衆院)選挙で国民のみなさんに約束したこと。まずはそれを実行する視点で議論を始めるのが分かりやすい」と述べた。

【関連記事】
仙谷国家戦略担当相 「次期衆院選で消費税アップ掲げる」
与謝野氏「当面は今のまま」 参院選出馬を否定
新党ラッシュどうなる既存政党 自民は危機、民主は無警戒
橋下知事が昨夏の各党マニフェスト採点 民主党に「高くつけすぎた」
小泉Jr口撃力に舌巻く亀井氏「人の心理くすぐるのは父親譲りでうまい」

<残業代>変形労働時間制認めず、支払い命令…元バイト提訴(毎日新聞)
<公訴時効見直し>参院法務委で改正案可決 連休明け成立へ(毎日新聞)
政権公約「基本は変えぬ」=小沢民主幹事長(時事通信)
原発推進の利点強調=新政権初の原子力白書(時事通信)
脳・心血管系疾患リスクマネジメントの情報提供サイトを開設―バイエル (医療介護CBニュース)

<軽度外傷性脳損傷>患者団体が労災基準適用の法改正求める(毎日新聞)

 交通事故や転落などで脳に特異な損傷を負う軽度外傷性脳損傷(MTBI)の患者団体「軽度外傷性脳損傷友の会」(東京都江東区、約60人)は8日、細川律夫・副厚生労働相を訪ね、労働災害基準がMTBI患者にも適用されるよう改正を求めた。

 労災基準は磁気共鳴画像化装置(MRI)などで脳損傷が映し出されることが必要だが、MTBIの患者は映らないケースが多く、事実上救済されない。

 患者らによると、細川副厚労相は「よく検討する」と答えたが、踏み込んだ話はなかったという。てんかん発作に苦しむ東京都港区の女性患者(68)は「画像に映らなくても、症状は出ている。切り捨てないで」と訴えた。【宍戸護】

全盲女性、点字訴状で提訴=全国初か「みんなの励みに」−名古屋地裁(時事通信)
<将棋解答>第1301回 解答(毎日新聞)
<子ども手当>母国に子どもがいる外国人への支給要件厳格化(毎日新聞)
<詐欺容疑>桑名市の元課長、別件で再逮捕へ(毎日新聞)
東大寺 東塔復興に向け近く発掘調査(毎日新聞)

帰ってきた「D51」 指定席は“瞬間蒸発”必至(産経新聞)

【鉄道ファン必見】

 蒸気機関車(SL)が5、6月に山梨県内のJR中央線を疾走する。甲斐路をSLが走るのは平成20年4月以来で、運行するのはこのときと同じ「D51」(通称デゴイチ)。指定席券などとセット商品の日帰り宿泊コースは4月12日午後2時から首都圏のJRびゅうプラザで、指定席券のみは乗車1カ月前の午前10時から全国のみどりの窓口や旅行会社窓口で売り出される。

  [フォト満載!]蒸気機関車「D51」の勇壮な走り

 「乗り鉄」「撮り鉄」などと呼ばれる昨今の鉄道ブームから、3月に廃止された寝台特急「北陸」や急行「能登」のように、指定席券はファンの垂涎(すいぜん)の的になりそう。発売から数秒で売り切れる“瞬間蒸発”が再現されそうだ。

 SL運行は、JR東日本のキャンペーン「中央線で巡る 花と名水、美し色の山梨。そして信州へ。」の一環。5月29、30日と6月5、6日の4日間、SLとディーゼル機関車(DL)が客車4両(定員336人、全車普通指定)を挟む編成で甲府−小淵沢間(39・6キロ)を往復する。車窓からは南アルプスや八ケ岳、茅ケ岳など沿線の自然を堪能できそうだ。

 快速「SLやまなし」は甲府発午前10時2分、小淵沢着11時33分で運行し、先頭がDLとなる快速「DLやまなし」は小淵沢発午後2時22分、甲府着4時17分。停車駅は両方とも竜王、日野春駅。デゴイチに取り付けるヘッドマークは、山梨県内の応募者19人のデザインから採用するという。

 日帰り、宿泊コースは記念乗車証付き。一部を除きオリジナルSL弁当(昼食)も付く。

 「八ケ岳高原日帰り」(大人1人8500円、2人から)、「SL&DLやまなしとハイブリッド車両“こうみ”体験乗車」(同9000円、同)のほか、石和温泉のホテル宿泊と組み合わせた宿泊コースが大人1人1万7900円から。日帰りの一部はSL乗車のないコースがある。

 詳細はJR東日本八王子支社ホームページ(http://www.jreast.co.jp/hachioji/top.html)。

【関連:鉄道ファン必見】
ブルトレ「北斗星」は安泰! JR東がEF510形電機を公開
もうすぐ見納め ボンネット型急行「能登」の雄姿
丸ノ内線レトロなメトロでニッポン再興!
引退の花道、デハ702「さよなら運転」 銚子電鉄
絶滅寸前の急行きたぐに〜電車3段寝台の旅
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

アフガンで男性記者不明 拉致情報も(産経新聞)
<砂川事件判決>日米密談の文書存在 外務省が一転開示(毎日新聞)
新型インフル総括で初会合=対策検証、人選に注文も−厚労省(時事通信)
目の紫外線予防は女性の4人に1人、肌の予防の3分の1(医療介護CBニュース)
高速道に上限料金=車種別、6月から−普通車2千円、軽千円・国交省(時事通信)

児童ポルノ担当を新設=検視、危機管理も体制強化−警察庁(時事通信)

 警察庁は4月1日に組織を改編し、「児童ポルノ対策官」を新設する。児童ポルノの事件や被害児童が過去最多を更新し続け、流通防止に向けた議論が高まっていることを受けたもので、都道府県警への指導と海外関係機関との連携を強化する。
 犯罪が疑われる死体の見逃しを防ぐため、「検視指導室」も新設。事件性の有無を判断する検視官(刑事調査官)だけでなく、死体を取り扱うほかの警察官にも、不審点を見逃さないポイントなどを指導する。
 新型インフルエンザの発生や北朝鮮による弾道ミサイル発射など、危機管理上の緊迫した局面が増えていることから、「危機管理企画官」を所属長級に格上げし、参事官を充てる。社会経済情勢の変化に伴い、反グローバリズムや環境保護を掲げる過激な団体が警備対策上の大きな課題となっているため、「警備情報対策室」も設ける。 

【関連ニュース
【特集】緊迫!朝鮮半島〜金総書記、「余命は3年」〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜

<天皇、皇后両陛下>京都・東山の「月輪陵」拝礼(毎日新聞)
<事業仕分け>「1年生議員」の参加を指示 鳩山首相(毎日新聞)
<掘り出しニュース>コアラが名古屋から婿入り 赤ちゃん誕生に期待−平川動物公園(毎日新聞)
皮肉?中井国家公安委員長、北教組の資金提供「うらやましい」(産経新聞)
「名前を使った皆様におわびを…」最後まで消え入りそうな声の勝場被告 鳩山首相元公設秘書初公判(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。