So-net無料ブログ作成
検索選択

<iPad>米国から空箱で到着 被害相次ぐ(毎日新聞)

 4月に米国で販売された米アップル社の新型携帯端末「iPad(アイパッド)」を郵送で購入しようとしたところ、空箱が送られてくる被害が日本国内で複数発生していることが分かった。日本の郵便事業会社は、いずれも米国内でなくなったとみて、米郵政公社(USPS)に調査を求める。

【関連写真特集】アップル新端末「iPad」

 郵便事業会社によると、郵便での購入者から4月12日、「中身がない」との相談が同社東京国際支店に寄せられた。郵便はニューヨーク経由でUSPSのEMS(国際スピード郵便)を使っていた。その後も同様の相談が数件あったが、広報担当者は「いずれも国内で中身が抜かれたのではなく、日本到着前になくなっているようだ」と話している。

 被害者の一人で横浜市の科学作家、竹内薫さん(49)は4月15日、電気製品などをインターネットで販売する米ケンタッキー州の業者に、アイパッドを599ドル(約5万6000円)で注文した。同22日、A4判の大きさのEMSの包装を受け取ったが、持ち上げた瞬間に「軽すぎる」と感じた。開けると発泡スチロール製とみられる白い緩衝材が埋まり、アイパッドどころかアップル社の箱もなかった。郵便事業会社に連絡すると、同様の被害が4件あったと聞かされたという。

 米ケンタッキー州の業者は毎日新聞の電話取材に「(アイパッドは)確かに日本へ郵送した。米国か日本か、いずれかの段階でなくなったのだろうが詳細は分からない」と話した。この業者に竹内さんが問い合わせたところ、業者側が保険を使って新たなアイパッドを別の運送業者経由で再送することになったという。

 アイパッドは液晶画面を指で触って操作するのが特徴で、ページをめくるように読む電子書籍に注目が集まり米国では発売1カ月足らずで100万台以上を売り上げた。日本では今月28日に販売(4万8800円から)されるが予約が殺到し、家電量販店など店舗での予約は締め切られている。【森禎行】

【関連ニュース
【関連写真特集】新端末「iPad」発表 ノートPCとスマートフォンの中間
<関連記事>ファイル:数字・言葉・経済 iPad、先行予約終了
<関連記事>電子雑誌:iPad向けに販売 6月から東京の書店組合
<関連記事>米アップル:iPad販売開始 手に入れようと行列できる
<関連記事>電子雑誌:iPad向けに販売 6月から東京の書店組合

<世帯収支>赤字の家庭が4割に 連合系シンクタンク調査(毎日新聞)
<JR旅客>6社が夏の臨時列車運行計画 本数は抑え気味(毎日新聞)
高齢者向け住まい、比率引き上げを―国交省成長戦略(医療介護CBニュース)
<リウマチ治療薬>投与やめても症状悪化せず…産業医大調査(毎日新聞)
民主山岡氏が請求放棄=新潮社相手の名誉棄損訴訟−東京地裁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。