So-net無料ブログ作成

「常勤医いない…」テレビで窮状知り、免許ないのに手助け志願(産経新聞)

 医師不足に悩む岩手県宮古市の県立宮古病院で、10日着任する予定だった男女2人が、医師免許を持っていなかったことが判明。県警宮古署は8日夜、自称・大阪市在住の無職、一宮輝美容疑者(44)を医師法違反の疑いで逮捕し、男(38)からも事情を聴いている。一宮容疑者は容疑を認めているという。

 宮古署や病院関係者によると、一宮容疑者は平成20年11月、テレビ番組で循環器医がいない病院の実情を知り、勤務を名乗り出た。「大阪大医学部出身で大阪市内の赤十字病院の救急専門医だ。手助けしたい」とうそをついていたという。

 宮古病院や県医療局によると、面接などを経て2人の採用を決めたが、2人は免許提示を求めても、「職場に置いてある」などと出し渋っていたという。また「もめるから大学に照会するな」「患者とトラブルがあり勤務先は自分の氏名を公表しない」とうそを繰り返し、発覚を逃れていた。

 病院に免許のコピーが届いたのは今月6日。ところが、登録当時の厚生相の公印がなく、医政局長の氏名も別人だった。通報を受けた宮古署は、2人が“着任”のため市内のホテルに投宿した8日、事情聴取を行った。

 菅野千治院長は「詰めが甘かった。住民の高い期待を裏切る結果となり申し訳ない」と話している。

 宮古病院は約3年前から循環器の常勤医がおらず、心臓疾患の救急患者は、約2時間かけて盛岡市に搬送されている。

【関連記事】
外科医がいなくなる? 過酷な勤務状況で若手の外科離れが進行
来たれ研修医…商店会が支度金出します! 兵庫の市立病院
診療報酬 勤務医改善に重点配分を
医師確保のため大学院の学費を助成へ 奈良・吉野町
「医療崩壊の象徴」産婦人科に希望の光
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

iPS細胞の研究棟公開=山中教授「10年後に臨床試験を」−京都大(時事通信)
年に1度「幻の滝」 長野・樽滝(産経新聞)
民家火災、独居72歳?死亡 神戸・垂水(産経新聞)
大江参院議員、幸福実現党入りへ(時事通信)
<築地市場>マグロ競り、見学再開(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。